ようやく車を買取してもらいました。

どうも広島の聡志です。

ついに車を買取ってもらえることになりました。これから広島も更に寒くなってくるので、できれば早めに次の車を買ってしまいたいところです。

さて、車をどのように手放すことができたか今日は書いていこうと思います。

僕は、ユーカーパックというところで一括査定をしました。

ユーカーパックは、車買取 広島で紹介されていたので使うことにしました。一括査定をすることで、複数の買取業者に査定をの依頼を出せるからです。しかもユーカーパックは、オークション制です。

広島の買取店がオークションにどんどん参加していくのです。そこで勝手に僕の車に値段がついていきます。僕は車を登録しただけでほとんど作業をしていないのでとても楽でしたよ。

結局最終的には、広島市内の業者が一番高く入札してくれて買取ってもらうことになりました。事故車にも関わらずなかなかの値段がついたので、満足です。なんでこんなに良い値段がついたかきにになりますよね。

“餅は餅屋”なんてことわざがあるように、車を売るなら経験豊富で知識のある買取の専門店に任せた方が高く売れそうだと思いませんか?

ディーラーはあくまで新車や中古車を売ることが仕事なのに対して、買取専門店の場合は車をお客さんから買い取って、それをオークションや競売で売ることが仕事です。つまり買取専門店はお客さんから車を買うことができなければビジネスが成り立たないわけですから、他よりも高いをお金を払うのはある意味当然なのです。

 

考えてみれば、下取りよりも査定額が安ければわざわざ買取専門店を利用する人はいません。下取りのほうが作業的には楽ですしね。

しかし、下取りというのは次の車を買ってもらうための起爆剤のようなものです。次の車が割り引かれるので、得をした気分になりやすいです。しかし、結果的には買取専門店で車を売るのと比べると損をしてることになります。ですが、多くの人が車を売ることよりも早く新しい車を買いたいという、物欲に圧されて、たとえ下取り価格が低くても目を瞑ってしまうのです。

ここまで読んでもらった方はここで一度冷静に考えることができるので、大丈夫だと思います。一時の欲よりも、今の車を少しでも高く売ってお得に次の車に乗り換えようという気持ちの方が強いはず。

賢い人は、車を手放すときは車の一括査定しか考えてないらしいですからね。そえだけ間違いないということです。恐らくカーディーラーの人間に聞いても買取店で売ったほうが高くなると言うはずですよね。隠しようがないですし、カーディーラーも下取りがしたいわけじゃないですからね。